• 海禅寺山門
  • ご本尊のお釈迦様

海禅寺について

愛媛県今治市にあります当寺院は、
山号を「日照山(にっしょうざん)」、
寺号を「海禅寺(かいぜんじ)」といいます。

ご本尊はお釈迦様です。
宗派は、臨済宗妙心寺派という禅宗の一派で、
京都市にある「正法山妙心寺(しょうぼうざん みょうしんじ)」が本山となります。

当寺院はそもそも「海會寺(かいえじ)」という名前で、
戦国乱世の間、長年にわたり荒廃していましたが、
江戸時代前期の寛永十年(1633年)に入り、
天嶺玄嶝(てんれいげんとう)和尚を開山住職として迎え、
今治藩主・藤堂高吉公から免許状を拝領して海禅寺と名を改めて開創されました。

今治の地で、江戸時代からこの地を守って来ました自坊を中心に、
音楽を通して、多くの人と人がつながることのできる場として在り続けられるよう、研鑽を積み重ねて参りたいと思っております。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

観音様と東吟さん

海禅寺では、ご本尊であるお釈迦様とは別に、
観音様と東吟(とうぎん)さんをお祀りしています。

観音様は、寛保年間(1741~4年頃)に、
当寺院八世和尚が府中西国三十三ヶ所霊場を定めた際に、
第一番札所として観音堂を建立し、
十一面観世音菩薩を安置したものです。

観音堂は、第二次大戦時の空襲により焼失してしまいましたが、
観音様は無事運び出すことができ、現在は本堂にお座します。

村の百姓から、鶏に麦を食べられぬよう番を頼まれた東吟さん。他所の男がその麦を盗もうとしても、それを止めませんでした。曰く「鶏の番は頼まれたが、人の番を頼まれた覚えはない」。風狂の僧と言われる所以です

そして東吟さんですが、この方は江戸時代中期(1700年代)に実在した人物で、正しくは西月東吟(さいげつとうぎん)というお名前で、当寺院七世和尚の弟子といわれています。

当時、今治の三僧に数えられるほどの博学な仏教者でありながら、
数々の奇行逸話を残した変わり者でもありました。

無欲自然のままに生活をし、村々を托鉢して回っても、
自分の糧と貧しい人に施しをする分以外は、
受け取ることがなかったといいます。

ある時、病人に病気平癒の祈祷を頼まれた際、
「今はできないが、自分の死後必ず治してあげよう」と答え、
死後その言葉の通り、病気が治ったものが何人もいたそうです。

この評判を聞いて、当寺院に多くの参拝者が訪れ、
堂が建てられ木造を祀り、「東吟さん」と親しまれました。

また、生前托鉢の際に村人から受け取らなかった米麦等は、
死後村人たち自らことごとく当寺院に納められ、
集まった物品を元に、お堂を建てたと伝わっています。

毎年8月26日に開催されていた東吟さんのお祭りは、
今治の夏の最後のお祭りとして大変賑わっていましたが、
東吟堂が老朽化し無くなった現在、東吟さんの木造は本堂の中に移り、
施餓鬼法要と共にお祭りを行っています。

ページのトップへ戻る